ネット上で遭う恐れのある被害と、対応方法などを紹介します。

便利なインターネット、それに伴う様々な落とし穴

詐欺の内容

・ワンクリック詐欺
ウェブサイトのリンクや電子メールに記載されたURLをクリックした途端、「登録を完了しました」「料金が発生します」などのメッセージが表示される類の物です。それらしい文章であたかも契約が完了されたかのように見せかけ、不当な使用料を請求してきます。
・クレジットカードの不正使用
クレジットカードの引き落とし金額が明らかに多い場合、第三者へカードの情報が洩れて不正使用されてしまっている可能性があります。
・電子メールなどでの覚えのない請求
唐突に送られてきた電子メールに、利用した覚えのないコンテンツの請求をされるケースです。「支払わなければ自宅へ出向く」や、「勤め先を調べる」など不安を煽るような文章が添えられていることがあります。電子メールだけでなく、ハガキで請求される形も報告されています。

それぞれへの対応

・ワンクリック詐欺
未然に防ぐ為に、不信なウェブサイトなどにはアクセスはしないようにしましょう。
真には受けず、直接問い合わせる事は避けましょう。そこから新たな連絡先が知られてしまう事になります。
どうしても気になる場合の相談先は、消費者相談センターか警察にしましょう。
・クレジットカードの不正使用
カード会社のログインページなどでカード番号やセキュリティコードといったクレジットカーどの情報が漏洩してしまっている事が原因としてあげられます。
気付いた時は、それ以上利用されてしまう事を防ぐ為にも、すぐにカード会社へ連絡をしましょう。
警察へ届け出をだし、クレジットカードの再発行の手続きへ進みます。
・覚えのない請求
利用していないのであれば、連絡もなにもする必要はありません。
ですが書面の確認は難しく、判断ができない場合は消費生活センターへの相談や、裁判所のホームページなどを利用しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ