ネット上で遭う恐れのある被害と、対応方法などを紹介します。

オークションでの不明確なやりとり

ネットショッピングでのトラブル例

・購入の手続きが済んでも、商品が届かない
インターネットで商品を購入し、料金も引き落とされているものの、手元にいつまでたっても希望の品が届かないパターンです。
連絡があるわけでもなく、こちらから連絡を取ってみても繋がらず、連絡先を調べて詐欺だとわかります。
・商品は届いたが、偽物だった
購入手続きを済ませ、品物が手元に届いても粗悪品だったり、偽物だったりするパターンです。
商品が届かないパターンと同様に、連絡をしても繋がらなかったり返答はありません。
・自分の盗まれた物が出品されている
置き引きなどの手口で盗まれた品物が、ネット上で販売されているパターンです。
自分より先に第三者に購入されてしまったり、又盗品とは知らずに購入してしまう場合もあります。

それぞれへの対応

・商品が届かない場合や偽物であった場合
所在地や連絡先の掲載があるかどうか、またそれらがどんな業者であるかを調べます。
また、キャンセルや返品になってしまった場合なども、規約に目を通して知っておきましょう。
支払い方法にクレジットカードの利用ができず、個人名での銀行振り込みのみでの扱いの場合は注意が必要です。
もし、手続き後におかしいなと感じたら、迷わずに警察や消費生活センターへ相談しましょう。

・盗品が出品されていたら
品物の販売ページと、出品者や品物の情報を保存しましょう。
製造番号等で自分の物で間違いないかどうか確認し、それらを証明できる資料を持って警察へ行きましょう。
警察から事業者へ販売を中止するように命じる事ができます。
また、盗品だと知らずに購入してしまった場合、罪に問われる事はありません。
元々の持ち主が返還を要求してこなければそのまま購入者の物になり、返還の場合は購入額と引き換えとなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ